四国の左下で活動中 私こと1091の、雑多なことをいろいろと書き留めています。


by mina1091
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

雨あめアメのち晴れ

今週は関東と中京方面では豪雨で大きな被害がでてますね。
この週末日曜日にはサワモト、ブチ、MK氏と直丸で出撃予定でしたが、天気がすっぱりせんので中止としました。
天気は一時回復したんで行けてたかも・・・
サワモトくんはジギングデビューだったのに残念でしたね。
近いうちに行けますよ。

で~予定が空いたので日曜日に土佐山に鮎を掛けに行ってみました。
f0063356_18272896.jpg


15匹、げっと。
あいかわらず型は小さいし、水量もなくて追いは悪い、山の上なんで水質だけはキレイなんですけどね。
鮎の味はいいほうだと思います。

とりあえず塩焼きでビール。


弘田漁協・
by mina1091 | 2008-08-31 18:27 | 川漁師

今期初鮎 吉野川

はやくも梅雨明け
気温はぐんぐんと上がり、本日は35℃ちかくあったようです。

川の状態もまずまずのようなので、今期初の鮎釣りに行ってきました。
吉野川の三好あたり。

オトリ屋で状況を聞くと、鮎の追いはイマイチ。
でも今年はすでに大きい鮎がいるようです。

とりあえずオトリを買って三好の活断層のあるあたり、道の駅前のポイントに入ってみました。
昼前から4時ごろまで粘りに粘ってじゅう~さぁん匹ゲット!
久しぶりの鮎のヒキを堪能しました。


f0063356_19244170.jpg


しかも、情報どおり良型ばかり。
大きいのは24cmほどありました。

f0063356_19244188.jpg


帰ってから風呂入って、塩焼きでビール、最高~!

釣果の一部は、以前から会社の大大先輩が1091の釣った鮎を食いたいと注文があったので、進呈。
美味しく食べてあげてください、坂M先輩。

今年は初期に雨が続き川に入れない期間が結構あったので、鮎が釣られてないうえに水量も豊富にあったので成長具合も十分。

今年の吉野川は期待できそうです。





弘田漁協・
by mina1091 | 2008-07-06 19:24 | 川漁師

秋雨前線停滞

秋雨前線が四国沖に停滞しているせいで結構な雨が降ります。
今日は吉野川へ鮎釣りの予定でしたが、朝、起きてみたら雨。
それでもどうせ濡れるんやからと、準備しかけたらものすごい豪雨になりました。
カミナリも鳴ってるし急な増水も想定されるので、鮎はあきらめました。

今週は竿を持たず、完全休養。
たまには次回の釣りに向けて欲求を貯めることも、いい釣りに繋がると信じてます。

でも食欲は抑えきれないので、晩は先週釣って冷凍していた大鮎をまたまた豪勢に炭火で塩焼きにして食しました。

炭をおこして十分火が回ったら、鮎にたて塩をささっと手際よく。
背びれと尾びれには焼け落ちないように化粧塩をたっぷりつける。
焼き上がりの美しさも欲張って堪能するためだ。
f0063356_19155043.jpg

網にのせてしばらくすると、ワタが沸騰しだし、背脂がプツプツと湧き出す。
高温になった背脂は自身の背骨やその付近の身を揚げていく。
ワタや背脂が赤く焼けた炭のうえに落ちると、じゅっという音がして白い煙がのぼる。
その煙に燻されながら鮎の皮は狐色の焼け色になっていく。
魚を焼くのにせっかちは厳禁、片身を適度に焼いてひっくり返す。
狐色の焼き色が綺麗についているのが目安だ。
餅のように頻繁に返すと身が崩れるからあまりさわらいように。
魚は気長に、もちは短気に焼かすと上手に焼ける。
でも焼きすぎると固くなるから注意。
二度ほど表裏を交互に焼くとできあがり。
あつあつをビール片手に頬張る。
至高の瞬間。

どう?ヨダレ物でしょ。
by mina1091 | 2006-09-10 19:45 | 川漁師

四万十川で鮎3

本日も鮎、えへ。
さすがに三日目は体がキツイ。
でもやめられないんだなあ~
昨日の堰堤下流ポイントにはいる。
釣り残しをさくさくっと釣ってしまう魂胆でした。
オトリ屋につくとオトリ鮎が1匹しかいない!
今日は日曜日でけっこう釣り人がきてるみたい。
朝出遅れたんでしょうがなくその1匹を抱えて川におりました。
大事に大事にポイントに送り込むと、いきなりガツ~ンといい当たり。
以後ぽつぽつと良型を追加。10匹数えて終了。
f0063356_22282721.jpg

庭でビール片手に炭火で塩焼き、サイコー
しかも本日は中村からヨコ(まぐろ)のサクも持って帰ってきてたので、サシミと塩タタキをあわせて・・・いいでしょ。

最近高知で流行りは塩タタキ。
またこんど塩タタキのレシピを紹介しますヨ。
by mina1091 | 2006-09-03 22:34 | 川漁師

四万十川で鮎2

今日も鮎です。
昨日と同じ大正町弘瀬にはいりました。
さすがに二日目ともなると数は減った感じでした。
昼過ぎに遠くでカミナリが鳴り出して雨風になったのでいったん切り上げ。
帰ろうかと車で移動してたら、家地川堰堤すぐの下流によさそうな瀬を発見。
だめもとでおりてみたら・・・
大当たり!しかも良型ばかり。
f0063356_221132100.jpg

最大28cmもありました。
すぐに大物対応の糸に変更したので切れることはなかったですが、針を折っていった強烈なヤツもいた。
本日22匹。
鮎も25cm超えると、ヒキは強烈です。
by mina1091 | 2006-09-02 22:05 | 川漁師

四万十川で鮎

9月です。
水温も安定し、水量もちょうど良い感じ。
大正町弘瀬に入釣しました。
f0063356_2154523.jpg


鮎をかけて、3連発の高切れ。オトリもろとも流してしまいました。
これで調子がくるってカケバラシも頻発。
なんとか12匹。
by mina1091 | 2006-09-01 21:49 | 川漁師

夏休み企画 第3弾

やりました!1091です!いや入れ掛かりです!
今回は鮎の友釣り。
四万十川大正に昼前から入りましたが、どこにも釣り人はいません。
釣具屋やオトリ屋で情報収集してもあまり良い釣果はないとのこと。
原因は夏の四万十川特有の高水温と渇水。
水温は30度ちかくあるようです。
ところが!夕方5時に切り上げるまで、ずう~っと釣れ続きました。
f0063356_2143817.jpg


でも水温は異常に高く、オトリ鮎に少し無理な泳ぎをさせるとすぐにダウンしてしまいます。
そこは腕でカバーしながら頑張りました。
f0063356_21462449.jpg


帰って数えるとちょうど40匹。正確にはオトリが3匹いるので37匹ゲッツ。
この夜は鮎の塩焼き三昧でした。
久しぶりに鮎の引きも味も堪能した1日でした。
筋肉痛です。
f0063356_2149319.jpg

by mina1091 | 2006-08-15 21:31 | 川漁師