四国の左下で活動中 私こと1091の、雑多なことをいろいろと書き留めています。


by mina1091
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ラバージグ ( 7 ) タグの人気記事

8/9 鳴門でマダイ

今回は夏の鳴門、ラバージグandジギングでマダイを狙いました。
今回は企画もばっちり、全員安打しかも40cmアップの良型ばかり。
f0063356_18192590.jpg


元気なマダイのヒキを堪能しました。
今回の最大サイズは、なんと70cmジャスト!
ミチキタ氏がヒット、無事取り込みました。
ぶわぁ~っと海面に浮いてきたときは『でかっ~』って皆が歓声をあげ、ミチキタ氏も思わずガッツポーズで答えてました。
ラバージグでこのサイズはなかなか値打ちありですねぇ。
f0063356_18192540.jpg


変わったところでは、チヌにマゴチ。
いずれも良型。
とくにマゴチは今の暑いときが旬。
アライにしたら最高でしょう。
ヒットさせたのはゴイくん。
おめでとう。
食味の感想を後日お願いします。
f0063356_18192551.jpg


全員の釣果です。
今回、ほんとに良型ぞろい。
キムラー、ゴイ、カッシーは、なんどもあったアタリをのせきれず本人も周りも「イラッ」としてましたが、後半なんとか取り込みできました。
まあそのへんがこのラバージグでの釣りの面白いところでもあるわけですが、針先のチェックやマメな交換などで少しでも確率はアップしますよ。

ひとり1匹~3匹なので、暇な時間も結構あった感じもしますが、40cmupといってもほとんど50、60cmですから上等でしょ。
f0063356_18192530.jpg


今回、残念ながらキャンセルになったMK氏、西川くん、残念でした。
またチャンスはあると思いますよ。
あるはず・・・あったらいいねぇ・・・あるかなぁ・・・(笑)
夏の鳴門、ラバージグ、まだまだいけそうです。

キャンセルした企画は爆釣するというジンクスのMK氏、悪夢のジンクスを拭い去ってあげれなくてごめんなさい。(ニヤ)
次回もぜひキャンセルしてください。
なんちゃって・・・



弘田漁協・
by mina1091 | 2008-08-09 18:19 | 野望の果て | Comments(0)

小豆島へタイラバ

高知のMK氏に誘われて、ミチキタ氏、キムラー、コイズミと小豆島近海へのラバージグ釣行に行ってきました。
前日から雨模様だったのですが、出船の頃には雨も上がり曇り模様で波、風ともになく絶好の条件。
期待に胸を膨らませて津田から出発しました。

スタートダッシュを決めたのはタイラバベテランのMK氏。
60cmオーバーのなかなか良型マダイをゲットです。
さっすが~
いっとき潮が動かず苦戦しましたが、5人で11匹。
そのうち5匹は某1091氏がゲット!パチパチ。
f0063356_20123035.jpg


初心者のコイズミも60upの良型をゲットしました。
たぶんハマるんだろうね、この釣りに・・・。

タッケーも誘ったのに、その船は釣れる気がしないので今回はパスします、という理由不参加でした。
せっかく誘ってあげたのに~。
釣れてたかもよ!ニヤリ

船長談では小豆島近海は8月はメタルジグへの反応が良くなり、楽しめるそうです。
9月から11月まではラバージグで期待できるとのこと。
また企画します。
by mina1091 | 2007-07-21 20:14 | 野望の果て | Comments(2)

6月8日 鳴門

仕事場の悪い先輩に誘われて、金曜日でしたが仕事を休んで鳴門へマダイ狙いででかけました。
港について船長に状況を聞くと・・・
ラバージグでもエサでも状況は良くない、という説明を受けました。
船に乗る前から前途多難の予感です。
しかも今回はラバージグ挑戦者ばかり。
一応初めての方々には経験者として釣り方をレクチャーして出船しました。



反応が悪いという状況の中、とりあえず小型のマダイを釣り上げて、ほっと一息。
その後忘れた頃に、ドスン、ドスンと2匹追加。
f0063356_2063428.jpg

f0063356_2064685.jpg

1091は一応竿頭、大物賞の2冠でした。
サイズはジャスト50cmを2匹そろえました。
最後に針に乗り切れないアタリがあって12時半、納竿となりました。
船中ではラバージグではマダイが5匹。
アオイソメのエサ釣りでは小型ばかり5匹くらいかな。
あとはガシラを釣っている人もいました。

1091ゲッツのマダイです。

f0063356_21313368.jpg

by mina1091 | 2007-06-08 19:50 | 野望の果て | Comments(0)

修行です

またまた修行です。

高松発のジギング船をみつけました。
西は多度津から東は小豆島まで活動範囲は広く対応しているようです。
たまたま空いていたので、今年好調の小豆島へラバージグでタイなぞを狙いに行ってきました。
ぼうずでしたけど・・・
修行です、最近修行多いです。
このトンネルはいつ抜けるのでしょうか。

でも今日はダメだったけど結構いいもの釣れてます。
ヒラメ、タイ、スズキ。もう少し先になるともちろんメバル。
ヤズのナブラも出たのでキャストもしてみました。
高松市香西あたりから出船なので、近くて朝が楽です。

少し通ってみます。
by mina1091 | 2006-11-05 18:10 | 野望の果て | Comments(0)

ラバージグ

今週は再び直丸で出撃予定でしたが、太平洋側はまたまた台風の影響でウネリが入り、あえなく中止です。
急遽、松山の乗り合いにあたりましたが、都合つかず頓挫・・・。

ふてねを決め込みました。

でもまあ休養も必要かと言い聞かせ、思いついてラバージグのヘッド部分の塗装に取り組みました。
f0063356_1745212.jpg

f0063356_17451875.jpg

最初に下地となる白を塗ると後から塗った色がきれいに発色します。

今回は、グレーと赤を作ってみました。

鳴門の漁師のを見た限りでは、鉛のままか黒を使っている人がいました。
で、実はあまり目立たないカラーがほんとはいいのではないかと疑問を持ってます。
最近、店頭に並ぶものは綺麗にカラーリングされたものがみられますが、色に釣られるのは釣り人なんじゃないかと・・・

実釣で試してみる価値ありですね。
by mina1091 | 2006-10-14 17:40 | 弘田漁協 | Comments(2)

鳴門でフラフラ

夏休みです
急遽、鳴門へ真鯛狙いに行ってきました。
メンバーはヨシガーと会社の先輩2名。
f0063356_2333239.jpg


まあとにかく暑かったです。
釣果は4人+船頭で14匹、最大60cm。食べごろの40cm前後が数匹いました。
f0063356_2335478.jpg
f0063356_2336214.jpg


ほかには、サバ、ガシラなど。タチウオにかまれたようなラインブレイクが1度ありました。
オレンジ系のラバーに反応が集中しました。
イワシの群れが少なくてメタルジグへの反応はイマイチでしたね。
結構良型の固体がいるようなので、ラバーを少し太く、長くしたほうが大型対策にいいようです。
針もチヌ6号8号、小鯛10号12号あたりがいいようです。
やっぱりこの釣りはタックル選択がキモですね、リール性能、ライン選択、ロッド調子、どれがはずれても極端に影響がでます。
それと釣りをしているときの口数が少なくなることに気がつきました。
リールを一定の速度で巻きながら、竿先と手元にいつ来るかわからないアタリに集中していると誰もが自然と無口になってしまうようです。

9月にも計画しています、これ結構おもしろい!ですよ~。

ps:ヨシガー不調の原因は、持ち込むクーラーが控えめで小型すぎたという結論で・・・
by mina1091 | 2006-08-11 23:52 | 野望の果て | Comments(0)

フラフラ

今年流行はマダイジギング
f0063356_2321293.jpg

鳴門へフラフラ(タイカブラ)(ラバージグ)を使ってマダイにチャレンジしました。
今回、非常に厳しい釣りになりました。
朝から小雨、ポイントは大うねり、数日前からの雨の影響で濁りもはいり、魚からの反応は薄く、というよりまったくなし。
そんななかキムラーがメタルジグで良型ゲット。
f0063356_2326156.jpg
しかし後が続かず、なんと昼過ぎまで全員沈黙状態。
これは修行か~っていうぐらい厳しい釣りでした。
午後からは雨もやみ、うねりもおさまりましたが、半数のメンバーは撃沈。
ほんとに終了間際にバタバタと釣れただけでした。
f0063356_23333420.jpg
でも、このフラフラっていう仕掛けでサカナが釣れるっていうことは実証されました。
ほんとは半信半疑だったんですけど。仕掛けは非常にシンプルだし、操作も簡単!初心者でもわりと簡単なんじゃないかな~。注:今回みたいな状況でなければ・・・
もっとサカナの活性があれば結構面白いと思います。
f0063356_2331412.jpg
鳴門では夏にはジギングでマダイが狙えるそうなので、必ずリベンジです。
by mina1091 | 2006-07-02 23:34 | 野望の果て | Comments(0)