四国の左下で活動中 私こと1091の、雑多なことをいろいろと書き留めています。


by mina1091
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秋の風

迷走台風と言うにも程があるやろ、みたいな台風10号の進路でしたが

結局四国には上陸せず東日本に向かってます

上陸はしなかったものの、2日ほど前から朝晩の風は秋の風が吹いて、とても過ごしやすくなりました

今朝もとても清々しい朝です

秋の予感と言えば、秋の味覚

先日、ツガニを入手しました
f0063356_08315507.jpg
f0063356_08320089.jpg
f0063356_08320630.jpg


茹でて食べたら最高だろうなあ

大好きです


by mina1091 | 2016-08-30 08:26

花火

四万十市の夏の終わりの行事は、8月末に四万十川河川敷で打ち上げられる

花火です

見物するポイントは通称「赤鉄橋」の両岸で夜店もたくさんでるんですが、なんせ混雑するし、斜面の土手は場所取り争奪戦になってビニールシートが置かれてる

今回は、川船を出して
四万十川の水面から、ビール片手に優雅に見てみよう!
企画を実行してみた
f0063356_08355539.jpg
f0063356_08355723.jpg


舟出してみたところ、川面には他に舟はいなくて独占状態
花火の真下は花火のカスが降ってくると聞いてたので少し下手にアンカーを打って待機

昼から雨模様で夕方には、雨はあがってましたが雲は結構広がってました

でもなんとか花火の開始まではもちそう

回りには喧騒もなく
ゆっくりと川面に浮かんだ舟の回りが暗くなってきて

心地よい川風にあたって

おー、いい感じ

最初の一発がうち上がりました

f0063356_08360001.jpg


いいやん、こりゃいい

四万十川の花火を舟から見る

サイコーやんか
f0063356_08360338.jpg


舟から見ると、空で広がった花火が川面に映って2つ見える

五千発が一万発に見えるから、お得やなあ

最後の花火が消えると同時に、雨が降りだしました

撤収~

こりゃ来年も舟から見てみよう

もう少し近づいてみるのもいいかも


by mina1091 | 2016-08-22 08:35

プール掃除

今朝は早くから、夏休みの宿題その1

プール掃除です

水を抜きながら、タワシで苔やアカを落として

キレイになりました
f0063356_08275124.jpg


発見
ウナギにテナガエビ
f0063356_08275394.jpg



by mina1091 | 2016-08-20 08:25

送り火

夏も終わり、な感じになるのかな

大文字の送り火
f0063356_12271661.jpg


四万十市です

四万十市は京都ゆかりの地

京都と同じような風習がたくさん伝承されています

送り火、夏も終わりなのか

そんな雰囲気にもなれないような、暑い日が続きます

by mina1091 | 2016-08-19 12:22

ペットのウーチャン

ペットとして飼ってる、ウーチャンです
f0063356_11193285.jpg
f0063356_11193387.jpg


2年になるかなあ

餌は、オジャコとかササミとか

猫の餌も食べます




by mina1091 | 2016-08-10 11:16

この夏

7月も知らない間の梅雨明けから、一気に真夏になって

連日の真夏日でした

こんなことや、あんなことがありましたんで
画像で紹介だけしときます~
f0063356_09043313.jpg
f0063356_09043473.jpg
f0063356_09043551.jpg
f0063356_09043751.jpg
f0063356_09043832.jpg
f0063356_09044081.jpg
f0063356_09044287.jpg
f0063356_09044380.jpg
]
f0063356_09044459.jpg

by mina1091 | 2016-08-04 08:57

偶然の積み重ね

さて、その偶然の積み重ねとやらをポツポツと書いてみましょうかね

この日からちょうど1週間前のことです
めったにやらないんだけど、しば漬けの手長エビでもと船着き場の川向かいのポイントに行ってみたら

川岸の竹藪が水面に覆い被さっている中に、茶色い物が引っ掛かってて、よく見ると犬でした

まったく腐敗もすすんでなくて、数日経過くらいの様子
首輪でなく胸に掛けるハーネスを着けた犬でした

なんともしようがないので竹竿で流れのあるところまで引っ張り出して、流しました

ハーネスを着けてるから野良犬ではないんだろうけど、この子にどんなことが起こったんだろう、と思いながら流しました

その三日後、東京から来た知人を川に連れていき発見場所のすぐ近くまでは舟で行ってたけどまったく気づかず

事の起こった前日は高知に出張だった、
出張の朝、チョットした用事が入った
大した用事でもなかったけどそれを理由に出張キャンセル

そして翌日その日の予定は、四万十町までウナギの仕掛けに使う、配合餌のサンプルを受け取りに行って

帰り道、事故を二件目撃
なんでもないとこやのに、えらい事故が多いなあと

ウナギのコロバシに入れる配合餌を入手したものの、午後夕方には宿毛に仕事の予定が入ってたから川に行く予定は無し

仕掛けるのはまた今度やなあ、とデスクワークをしたり、来客と打ち合わせをしたり

3時頃、夕方の打ち合わせの相手からキャンセルの電話連絡が入り、ポッカリ時間が空いてしまった

試しにウナギの仕掛けでも入れてみようか~
ってことで用意して川に行ってみた

仕掛けを三ヶ所にいれたんだけど、その三ヶ所目で他の漁師が入れてる仕掛けに近いことが判明

引き上げ直して向かい側か下流の実績ポイントに入れようかと思ったけど、
向かい側はこの前、犬が引っ掛かってた場所だしなあ、なんて考えてたら

なんとなく上流が気になっちゃった、でも上流に行ったことは今年は一度もなかったのにね

上流に向かってすこし舟を走らした時に、浮かんでる何かが視界に入った

ということなんです



この二つはまったく関係がないのかもしれないけど、こんな短期間に2体もの浮かんでる状態を目にすることなんて、って思うのよね

散歩途中か、暑かったから犬に水浴びでもさせに来て、過って深みにはまった

どちらかが助けようとして、どちらも溺れてしまった

なんて素人推理は成り立ちませんかね┐('~`;)┌

犬が飼い主も見つけてくれと、私を導いた

なんてね…










by mina1091 | 2016-08-01 08:39