四国の左下で活動中 私こと1091の、雑多なことをいろいろと書き留めています。


by mina1091
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:直丸( 56 )

直丸こけ逃げ

やばいヤバイ

今日はいいナギの予報だったけど沖は波があった
知り合いの船にポイントを教えてもらう予定で出航したものの、
これって大丈夫か~?
って感じの波とうねり。
ポイント開拓どころか下手したら船酔いで久々のウロロロロ~になりそうな予感
でも港のすぐ沖には数え切れない漁船がメジカの新子狙いで釣りしてて、みてたら入れ食い状態だったので、こけ逃げしながらもトローリング仕掛けを投入して3匹ゲット

今週はこのくらいにしといたろ
あぶないアブナイ
by mina1091 | 2008-09-28 15:32 | 直丸 | Comments(0)

GWの出来事

そういえば!
先日のGW釣行に中村沖に直丸で出撃したときに、クジラに遭遇しました。
二頭がノンビリ泳いでました。
かなり沖にはクジラウォッチングの船もけっこういましたが直丸が一番いいポジションでした。
クジラが近いと魚が怖じ気づいてあまり釣れなくなります。
そういえば昨年もクジラに遭遇した記憶があるなあ、この時期かなり高確率で見れるようです。
沿岸の各港からクジラウォッチングの船がでてます、未体験の方は一度どうですか。
by mina1091 | 2008-05-08 08:18 | 直丸 | Comments(0)

直丸出撃~ならず

久しぶりに直丸で出撃しようと、いさんで四万十市まで走りましたが、朝起きてみるとあまりの強風であえなく断念。
どうやら今年の春一番のようです。風速20m近く吹いたところもあったようですね。
風裏を考えてみたけど、今日の風ではたぶんどこも無理でしょう、ということで今回のメンバーのブチとアサカー、3人でココスでバイキングモーニングをする結果に。
夜は買ってきた魚で3人で鍋を囲みました。
その後はいつもの馴染みの店に少し顔をだして爆睡。
充実した休暇?でした。

四万十市の秘密基地の庭に大きな梅の木があります、見頃かと楽しみにしてましたが残念ながら既に散りかけでした。
f0063356_16265910.jpg

満開の様子はまた来年ご披露します。

この時期、四万十川の河辺では青ノリを干す光景がいたるところで見られます。
河原に緑の絨毯を敷いたかのような。
f0063356_16332486.jpg

四万十川の春先の光景です。

干している風景の写メを撮るつもりでしたが、寒いのと高知に用事ができたので、バタバタと中村をあとにしたので撮れませんでした。

こちらもまたの機会にupします。
by mina1091 | 2008-02-23 19:15 | 直丸 | Comments(0)

夏休み 直丸出撃

だから暑いんやって~
アサカーのリクエストでブチと毛利プロと真夏のジギング調査に行ってきました。
なんと四万十川河口ではカツオの種類のメジカが釣れていました。

大方沖に進路をとり、魚探反応の良さそうなとこをシャクってみましたが、結局小型ネイリが数匹、良型メッキアジが1、名前のわからないアジが1。
暑かった~
by mina1091 | 2007-08-19 08:11 | 直丸 | Comments(0)

化粧直し

一年ぶりに直丸をマリーナに陸揚げし、船底の大掃除をしました。

今回は心強くも毛利プロ、アサカーに手伝ってもらい3人での作業です。
マリーナにつくとすでに直丸は陸揚げされ、まさにシャンプーを待つ客のように横たわっていました。

さっそく手に手に金タワシを持ち、船底に着いた海藻やコケなどをゴシゴシ。
機械を使わずすべて手作業。


f0063356_21284348.jpgf0063356_21292158.jpg

f0063356_21293340.jpg
f0063356_21294565.jpg

場所によっては中腰の姿勢で作業をせねばならないところもあり、なかなか大変です。
アサカーは慣れない作業にたまらず、「腰が、腰が・・・」を連発していました。
f0063356_2130238.jpg
f0063356_21302482.jpg


船底の清掃がひと段落したのは昼前、午後からの作業に備えとりあえず腹ごしらえ。

昼からの作業は船底用の塗料を塗る作業です。
3人ともペンキ屋になりました。
船底用の塗料というのは粘度が高く、均一に塗るのはコツが必要です。
これもなかなか大変な作業でした。
f0063356_21303469.jpg
f0063356_21304569.jpg


化粧直しが終了した直丸は翌々日にもとの係留場所に戻ります。

毛利プロ、アサカー、スペシャルサンクスです。
by mina1091 | 2007-05-12 21:23 | 直丸 | Comments(0)
この日は昼過ぎからのわずかな時間で、スマガツオでもオカズにと兄弟で出かけたんですが・・・
前日、さっぱりだったもんやから、とりあえずオキアミ餌は少し用意して出港しました。
ポイントは走って30分ほどの近い場所でした。
前日、パタパタとスマが釣れたポイントです。
ポイントに到着すると、西のほうからクジラウオッチングの漁船がやってきました。
なんか嫌な予感。
知り合いに電話して状況を聞くと、朝からクジラが出没していたらしいとのこと。
どうやらここ数日クジラがGWのサービス興行を行っているようです。
クジラに着いてくる魚もいますが、脅えて身を隠す魚もいます。
昨日釣れなかったのもどうやらこのクジラが原因のようです。
しかもこの日は潮がまったく流れていません。
でもスマこそ釣れませんでしたが、美味しそうな大サバがポツポツ釣れました。
即座に船酔いした者がいたので、ポイント到着後わずか1時間ほどで撤収。
港を目指したんですが、このあとが問題。
ポイント近いから大丈夫と思って給油せずに出港したんですが、どうも帰りの燃料が少ない感じ・・・
嫌な感じであまりエンジン回さずにゆっくり走って帰ってたんですが、案の定途中でプスプスッと止まってしまいました。
そのまま漂流。
でも乗船3名、陸は見えてましたから、最悪バタ足で帰れるかなぁ、なんちゃって。
マリーナにSOSして燃料持ってきてもらい事なきをえました。

教訓!燃料の予備は必ず持っていくこと。
by mina1091 | 2007-05-05 19:01 | 直丸 | Comments(0)
アサカー、ブチと久々に出撃してきました。
GW前半にマダイが好調に釣れたポイントでタイカブラに挑戦の思惑でしたが・・・
これがすっかり空振り。

まったく当たりませんでした。
業を煮やしてサビキをとりだしたところ、小型イサギやネンブツダイが遊んでくれました。
救われたのは、そこそこのスマガツオが釣れたことです。
これで夜はささやかな酒宴を開きました。

実は釣れない理由があったのです。
その理由は翌日の懲りない釣行であきらかになるんですが・・・。

PS:この日MK氏は鳴門のタイカブラにチャレンジして、これまた空振ったそうです。
   かなり落ち込んで報告がありました。
by mina1091 | 2007-05-04 18:51 | 直丸 | Comments(0)

GW企画

久々の直丸出撃です
毛利プロと甥たちとでタイ狙いで出かけました。
今回は朝出遅れて昼過ぎからの重役出撃でしたが・・・
久々のヒットです。

良型のマダイのほか大型のアジ、巨大なサバなど飽きない程度に釣れました。

f0063356_218137.jpg

f0063356_2184218.jpg

by mina1091 | 2007-04-29 21:03 | 直丸 | Comments(0)

直丸ひっこし

直丸の係留場所にしている漁港で、漁船(無料係留)とプレジャー船(有料係留)の係留整理をすることになりました。
漁船登録している直丸は漁船スペースの抽選で決まった場所に引越しすることになりました。

これがなかなか大変な作業で、係留するためのアンカーを沈めて、係留ロープを張りなおさなくてはいけません。

f0063356_1956681.jpg
f0063356_1956415.jpg

アンカーはイカリだけでなく、石を詰めた袋を2個作って一緒に沈めました。
従兄弟たちに手伝ってもらって作業をすすめました。
うち一人は四万十川で川漁師をしながら体験型観光川漁師のようなこともしています。
お礼にホームページをちらっと紹介しといてあげましょう。
素朴な四万十川の風情に興味があるかたはどうぞ。
なかなかおもしろいみたいですよ。


f0063356_19565371.jpg
今度の場所には、隣接する船の所有者がりっぱなハシゴを設置してくれていて、使ってもいいよと言ってくれているので、干潮のときでも安心です。


f0063356_195717100.jpg


作業終了して帰路についたとき、水面に緑の絨毯が現れていたのでおもわずパチリ。
川海苔の養殖棚です。


ps:愛車1091テラノの走行距離がきれいに揃ったので、おもわず写メ。
131313km、よく走ってくれます。
f0063356_2094510.jpg

by mina1091 | 2007-03-18 20:07 | 直丸 | Comments(0)

クジラ ウオッチング

久々の直丸出撃でした。・・・が!
魚の反応がまったくなし。

魚のかわりに船のまわりをクジラが悠々と泳いでくれました。
f0063356_17454028.jpg

尾びれを大きく見せてくれたりしましたが、なかなかシャッターチャンスがなく、この1枚が唯一背中が見える画像です。
子供のクジラと一緒だったので母親でしょうか。


釣りしながら、いつ出てくるかわからないクジラを待っての撮影ですから、しかも携帯での撮影に無理があったということで・・・。
そういえば正月休みにはイルカの大群にもでくわしてます。
ことしは大型水生哺乳類の当たり年なのかも?

春先から梅雨ごろが一番のチャンスらしいですよ。
by mina1091 | 2007-02-12 17:43 | 直丸 | Comments(0)